日本で公開された「かみさまとのやくそく~あなたは親を選んで生まれてきた」という映画があります。音楽もナレーションもない、純粋なドキュメンタリー映画の主役は、他でもないあなた自身。大人は誰も、昔は子供でした。自分の子供の事、そして自分自身の事を考えながら映画をご覧いただければと思います。 そして、同時開催として「ちいさなマルシェ(市場)」を行います。映画の後にリラックスして頂いたり、買い物したり、お話しできる空間をご用意いたします。


2017年07月07日

映画について

『かみさまとのやくそく』オフィシャルページより

胎内記憶と子育ての実践をテーマにしたドキュメンタリー映画です。

胎内記憶とは お母さんのお腹の中にいたときの記憶や、その前の記憶のこと。 2~4才の子どもたちが話すと言われています。

この映画には 音楽もナレーションもありません 。

しかし、胎内記憶の聞き取り調査や子育ての実践を、カメラは丁寧に見つめます。

研究者、教育者、医師が、子ども達と真剣に向き合う姿を先入観なく、ありのままに観てほしい。そして観客ひとりひとりが身近な子どもたちとのつながり方を考える時間を共有してほしい、そんな思いで作られた映画です。

胎内記憶や前世記憶のこと、 知らない方も、知っている方も、 ありのままの映像から、 ご自分の大切な 何かを感じていただけると思います。






Posted by かみさまとのやくそく上映会ケアンズ実行委員会 at 21:05 │映画について